サッカースパイクリペア・取替式スタッドの補修

2019/05/31 ブログ

本日は、ナイキのサッカースパイク・マジスタMIXソールの補修について書いていきたいと思います。

 

今回のご依頼は、なんとまだ使用がたったの一回でMIXソールの取替えスタッドが外れてしまい、何をどうやっても填らないとの事でお持ち込みいただきました。

 

ブログとしては少々地味な印象の記事かもしれませんが、その中身は実に大変な作業だったんです。

 

受け皿になるメネジの方がバカになってしまい、なにをどうやっても本当に1mmもスタッド側のネジが回らずに途方に暮れてしまい、正直5回ほど諦めが入りました(笑)

メネジにヤスリをかけてもダメ、メネジを交換しようと中底はがして分解をしてもダメ、明日はお断りの電話だなあ・・・悔しくも諦めつつ家に帰ってその日は寝つこうとした瞬間に❝閃いた❞んです‼

 

とにかく刺せばいいんやろ!?

 

修理できなければ捨てる事になるだけ、捨てるよりはまだましやろ。

閃きというには粗末な、なかばやけっぱちの作戦にでる事にしました。

翌日は、朝からひたすらメネジの穴をツルツルのガバガバにするつもりでヤスリをかけ続けました。

スカスカになってもいいから、とにかく刺せば瞬間接着剤で止める事も出来るだろう。

様子を見ながらスタッドを何度か刺しているうちに、オッ!これ、填るんじゃねえ!?

結果的に若干甘くはなったものの、しっかりと刺さって一件落着。

 

思い詰まった時の発想の転換で解決する事がよくあるのが、このリペアの仕事なんですね。

経験のない事だから出来ません、ではなく、ちょっと発想を転換させる事で解決策が見つかるのが面白い所です。

 

「他店で何件も断られたんです・・・」

諦めながらそう言ってお持ち込みいただいた品を簡単そうに補修する。

そこで驚かれるお客様のリアクションを見るのが楽しいのです。